プロフィール

松浦 まみ
食の思想家

Mami MATSUURA
Food Philosopher

1964年生まれ、愛知県名古屋市出身。
学習院大学文学部フランス文学科卒業。
フランス現代思想をを学ぶため渡仏、その後パリをベースとして10年間にわたり映像制作の仕事に従事。
ジョセフ・プルードンの思想、環境活動家ジョゼ・ボヴェの運動や、生涯を弱者救済に捧げたピエール神父の生き方を知り、大きく影響を受ける。
帰国後、東京都・日の出町のトラスト運動を知ったのがきっかけで、経済優先による不都合だらけな日本社会に危惧を抱き、大量生産・大量消費、食料廃棄、環境汚染、合成添加物、遺伝子組換え作物、深刻化する健康被害、原発などの諸問題を調べ始め、さまざまな運動に参加。
食をはじめ、エコロジカルな生き方と考え方へシフトした後、意図せずして長年の虚弱体質・体調不良が劇的に改善する。
食を変えると、社会の多くの問題が解決する。
社会を良くしようとすると、自分自身も整う。
食だけではなく自分自身の日々の生活・生き方・思考を変えないことには、健康問題は決して解決しないことを確信するに至る。
マクロビオティック、薬膳、アーユルヴェーダなど様々な食のメソッドを自らの体で実践し、本来のあるべき食を多角的に模索。

2012年より栃木県那須高原のリゾートホテルで広報を担当すると同時に、自然・スポーツ・健康を柱としたサイクリング・プログラムと、自然食の教室「ファームガーデン・キッチンラボ」を企画・主宰。

2017年より知食講座「フィロソフードラボ」を主宰。

ホリスティックヘルス・コンサルタントとして、不調を抱える方のライフスタイルを食を中心に指導し、生き方そのものをより健康に、より知的に、美しくカスタムするパーソナルな指導も行う。

社団法人ヘルスフードマイスター協会認定講師。